So-net無料ブログ作成
検索選択

残り香 【2】 [月とクジラ]

その日もいつもと変わらないプロセスで一日が始まった。

正午をすぎると常連客がちらほらと顔を出し始め、各々がお決まりの席へと座っていく。

椅子に名前をふっているかのように正確に自分の席を確保しているのを見ると、犬や猫のように

マーキングをして他の客に座らせないようにしているのではないだろうかと思ってしまう。

皆が一斉に自分の椅子にマーキングをしている姿を想像し、ニヤニヤしていると

「今日は機嫌がいいねぇ」と1匹の犬が話しかけてくる。

ハッとして常連客の男性に目を向けなおし

「あ、すいません。いつものセットでよろしいですか?」と慌てて注文を聞く。

「ああ、それで頼むよ。」と一言いうと、他の常連客も同じように注文をする。これまた規則正しく。

注文を終えると、いつものように世間話を始める。

「昨日のニュースは見たか。」「子が親を殺すなんて物騒な世の中になったもんだ。」などと。

しかし、そんな話題も10分もすれば芸能人のスキャンダルへと移り変わっていく。

きっとこの人達にすれば自分の国で起こっていることでもテレビというフィルターを通せば

別の国で起こっている事件とさほど変わりはないのだろうと思った。

自分には関係ない。と。

それは僕も同じだ。そして、同様の感覚を恋愛にも感じていた。

どこか他人ごとのようにしか考えられず、自分には関係のない話だと心のどこかで思ってしまう。

恋愛映画やドラマなんかを見ても、これはこの箱の中で起こっている出来事で

こんなにうまくいくことなんてあり得はしないんだ。

第一、「愛」ってのが胡散臭い。お互いが同じレベルで想い続けるなんて…。

僕は恋愛に対していつしか1枚のフィルターを通して見るようになっていた。

そうすることで自分を保っているのかもしれない。

そうなったのも過去の経験からだろうと思う。


それは高校生の頃だった。

タグ:月 クジラ
nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:恋愛・結婚

nice! 3

コメント 2

來葉

niceありがとうございます♪小説ですか?なんか深いですねぇ。思わずうなずいてしまいました。
by 來葉 (2008-03-05 09:45) 

boochin

來葉さん。。。こちらこそありがとうございます。一応小説っぽく書いてます。こういった文章は初めてのチャレンジなので、読みにくいと思いますが今後もよろしくお願いします。來葉さんのブログも素敵でした。
by boochin (2008-03-05 19:35) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。